白髪 ストレス

ストレスで白髪が増えるって本当?

ストレスで白髪が増える?

「ストレスで白髪が増えた」という話をよく聞きますよね。

 

ストレスで白髪が増えるのは、自律神経の働きが乱れるためです。

 

そうなると髪を黒く着色する器官が正常に働かず、着色される前の髪が育ってしまうためと考えられます。

 

マリー・アントワネットが一晩で白髪になった、というエピソードがありますが、科学的にはもともと色がついていた髪が一晩で白髪になることはありません。

 

白髪の進行が進んでいて、ふと見ると真っ白になっていたということはあるかもしれません。

 

バルジが白髪を左右する

 

髪の毛が白髪になるかどうかを決めるのは、毛根にある「バルジ」という部分です。

 

ストレスで白髪が増えるって本当?

 

毛根に、バルジという毛母細胞とメラノサイトの幹細胞が集まっている部分がありますが、ストレスによって免疫がアタックされると、免疫の仕組みが壊れて、バルジのメラノサイトの幹細胞が最初にやられてしまいます。

 

メラノサイトの細胞と神経細胞は発生もとが同じなので、その影響もあるかもしれません。

 

ストレスがたまるということは、ホルモンバランスを崩すきっかけにもなります。

 

トップページはこちら

 

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ